海外に口座を持つ

資産を守る

海外に口座を持つ。

これは、カントリーリスク(国の経済が大きく崩れるリスク)を避けるために必要です。

日本国外に口座を持ち、その口座にお金を預ける事は、考える必要があります。

 

日本はまだ信用度が高い国で、経済破綻リスクが小さい国ではあります。

しかし、ずっとその日本の高い信用度が続くという保証は、どこにもありません。

 

日本は、借金の金額が大きい国です。

その借金は、大半が日本国民の預金でカバーされています。

すなわち日本国債の債権者は、ほぼ日本国民です。

 

これはどういうことか?

これを考えると、海外口座の必要性に気づくでしょう。

 

時が経過するにつれて、開設可能な海外口座は減ってきています。

しかしまだ、海外口座の開設は可能です。

口座開設だけでも済ませてしまうと良いです。