成長する国で資金を運用する ※具体的な投資案件のご紹介

資産運用

成長する国で資金を運用をするという事は、投資家としての基本姿勢です。

資金需要が大きく、運用利回りが良い事が理由です。

運用利回りの良い案件は、成長している国では見つかり易いです。

 

この記事では、その成長している国での投資案件をご紹介します。

フィリピンで、日本人の濱田社長が経営されている企業体への出資のご案内です。

なお、このサイトで通常ご紹介している、モバイル通信事業とは別の案件です。

 

フィリピンのRyoaki Groupの、社債への出資です。

 

今回募集の社債出資内容は、以下の通りです。

・社債額面:一口50万ペソ(約110万円)~
・年利:12%~24%(出資金額による)
・送金通貨:日本円、ペソ、ドル

募集開始は、2018年12月10日、2018年12月 月内での出資となります。

 

投資は自己責任となります。

社債への出資となりますので、企業体の倒産により出資金を回収できなくなるリスクは存在します。

ご自身でご判断、納得された上での出資をお願いします。

 

以下のリンクから詳細をご確認頂き、ご質問や出資希望などございましたら、

Ryoaki visaサイト内のCONTACT FORMで入力、送信してください。

なお、紹介者欄は「way」、紹介者コード欄は「A010」とご入力下さい。

Ryoaki visa

 

また今回の募集にて、上記の「way」、「A010」を入力して出資された方には

私、To find the wayからの秘密の特典があります。

以下のフォームから、お名前と出資口数を記載の上、ご連絡頂けましたら個別に特典の内容を連絡差し上げます。

(出資の検討段階の方でも、ご連絡頂けましたら特典の内容はお伝えします。)

 

特典については、必ずこのフォームからご連絡下さい。

Ryoaki visaのサイトからご連絡頂きましても、サイトの運営体が異なるため対応できません。

投資(資産運用)は、分散投資を心がけましょう。

1案件への保有資金のAll inはNGです。

出資される場合は、保有資金の何%を投入するかをまず決めて、出資しましょう。

 

ー 編集後記 ー

ビジネス案件だけではなく、投資案件も具体的にこのサイトで紹介できればと考えていた所、

Ryoaki visaの社債募集の事を知り、ご案内させて頂く事にしました。

RyoakiGroupは、私自身が以前から出資している企業様で、社長様にもお会いした事があり、

安心感があるためです。

 

このサイトを訪れて頂いた方には、有益な情報を提供しようと私は常に考えています。

それゆえに、ご案内できる具体的な案件は、少なくなってしまいます。

 

Ryoaki Groupは、現在フィリピンでとても成功している企業様です。

タクシー、ガソリンスタンド、飲食等々、色々な事業に取り組まれています。

 

また、社長様は社員の方からとても敬愛されています。

社員証を首からかけたまま、社員証を抱えて就寝する社員もいるそうです。

そのお話を伺ったときに、私は鳥肌が立ちました。

 

企業体としての強さと将来性を感じます。

是非、以下のRyoaki visa サイトをご覧いただき、出資のご検討を頂ければと思います。

Ryoaki visa