スマホ料金を究極的に節約する

ペンギンモバイル

スマホ料金の、究極的な節約方法を紹介します。

詳細をすぐに知りたい方は、以下Line@からどうぞ。

毎月の通信費を無料にできます。

スマホ料金節約 Line@

 

これまでは、大手3大キャリア(docomo, softbank, au)でスマホを手に入れて、

毎月の通信契約も合わせて行い、そのキャリアの通信simカードをスマホに差して利用してました。

これは数年前までは主流な方法だったので、依然、多くの方がそのようにしているでしょう。

 

しかし、時代は変わりました。

もしあなたが、今でもこの方法でスマホを利用している場合、それは見直しが必要でしょう。

そのままでは高コストです。今は、別の方法が存在します。

 

2018年現在は、スマホ本体とsim通信カードを、別々に購入・契約する方法があります。

スマホ本体はネットショップで買い、通信simカードを通信事業者を選び契約します。

例えるなら、車を車屋さんで買い、ガソリンをスタンドで入れる、という感覚でしょうか。

 

スマホ本体は新規に購入しなくても、3大キャリアのスマホをそのまま使用できるケースが多いです。

スマホ本体を新規に購入する場合は、ネット通販や家電量販店で1万円~3万円位で買えます。

海外で旅行の際に買う事もできます。日本でも使えるスマホを、1万円以下で買えます。

 

通信simカードを契約できる通信事業者については、現在、日本に30社程存在します。

通信事業者を変える事で、毎月の通信費用を安くすることができます。

 

その30社の中に、際立って有益なサービスを提供する事業者があります。

毎月の通信費用を安くできるばかりではなく、無料にする事もできます。

以下のLine@で紹介してます。

スマホ料金節約 Line@

 

スマホ本体とsim通信カードを、別々に購入・契約する事は、実は海外では以前から一般的な方法です。

日本では近年、国策としてこの方法を進め、ようやく海外に追いついてきました。

これから先は、3大キャリアに全てお任せ、という事は無くなっていきます。

 

世界のスタンダードで、日本の国策です。

この流れには、取り残されずに乗りましょう。

スマホ料金節約 Line@

 

 

ー 編集後記 ー

私が携帯電話を始めて買ったのは、18年位前だったでしょうか。

当時はもちろん、スマホは存在しませんでした。

白黒液晶の小さい画面の携帯電話が主流の時に、カラー液晶256色の小さい画面の携帯電話が新発売されて、買いました。

 

その頃は、折り畳みできるフィーチャーフォンさえも、まだ存在しませんでした。

数年後に、折り畳みできる!という事をアピールして発売されました。

スマホが主流の今、この話は逆に斬新ですね(笑。

 

携帯電話を取り巻く環境は、変化のサイクルがとても速いです。

今は携帯端末の変化のみではなく、通信費用の考え方の変化にも至っています。

 

時代の変化に柔軟に対応しないと、すぐに取り残されてしまいます。

以下は、2018年現在の最新のトレンドも、しっかりと捕えています。

スマホ料金節約 Line@